秩父三十四箇所の第6番札所 向陽山卜雲寺の御朱印,武甲山が一望できるのがみどころ

秩父三十四箇所の第6番札所の向陽山 卜雲寺(ぼくうんじ)本堂は荻野堂ともよばれ正面からは1304mの武甲山を眺めることが出来るのがみどころだ。
また、麓にはぶどう園があるほか裏山をのぼると日向山(633m)や丸山(960m)を覗くことも出来る。

卜雲寺には寺宝として山姥の歯が納められている。残念ながら秘宝なので拝むことは出来ないが怪奇な伝説に興味のある人は訪れてみるのも良いんじゃないだろうか。また,秩父は修験道による山岳信仰が盛んな地域だった為、この地域にはかつて多くの修験者が住んでいたという。

秩父三十四箇所の第6番札所 向陽山卜雲寺の御朱印,武甲山が一望できるのがみどころ

向陽山 ト雲寺(荻野堂) は埼玉県秩父郡にある曹洞宗の寺で、秩父三十四観音霊場の第6番札所だ。
埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬1430番地に位置する。
秩父郡横瀬町には札所5番から10番までの6つの寺があり、自然豊かな横瀬川の両岸に点在している。
本尊は聖観世音菩薩だ。

御詠歌は「初秋に風吹きむすぶ荻の堂、宿仮りの夜の夢ぞさめける」である。

向陽山卜雲寺で得られるもの(ご利益など)
・子育て
・大願成就
・入試合格

向陽山卜雲寺へのアクセス

住所:〒368-0072 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬1430
最寄駅:西武池袋線横瀬駅
徒歩:約25分

西武秩父駅から松枝行きバス横瀬橋下車で徒歩十分

前の札所「語歌堂」 || 次の札所「 法長寺

卜雲寺の御朱印

向陽山卜雲寺の御朱印画像

向陽山卜雲寺のみどころ

向陽山 ト雲寺(荻野堂) は高台に位置しているので、武甲山が望める見晴らしも絶景だ。

寺の名は、開基と言われている嶋田与左衛門の法号が卜雲源心庵主であったことに由来している。
秩父札所が開創した際に、本尊である聖観世音菩薩が武甲山の山頂にある蔵王権現から荻野堂に移されたため、ト雲寺のことを荻野堂とも呼ぶ。

向陽山卜雲寺の本堂

向陽山 ト雲寺(荻野堂)には、荻野堂の縁起が記され、秩父郡横瀬町の町指定文化財にも指定されている「紙本着色荻野堂縁起絵巻」と、秩父地方では唯一となる貴重な「清涼寺式釈迦如来立像」が所蔵されている。

向陽山卜雲寺.六畳半五間,銅瓦葺寄棟造。明治41年の再建。

天明元年(1781年)に記された「萩野堂本尊並開基之縁起」によれば、本尊である聖観世音菩薩は行基菩薩の作とされ、もともとは武甲山頂の蔵王権現の社内に安置されていたそうである。
ある時、村人がとが池の大蛇を退散させようと聖観世音菩薩に祈願したところ、その霊験を受け、無事に大蛇が退散したと言う。そこで、とが池を埋め立てて草堂を建てて、武甲山の聖観世音菩薩を移転し、荻野堂として祀られてきたという言い伝えが残されている。

また、向陽山 ト雲寺(荻野堂)には、秘宝とされる山姥の歯も納められている。

武甲山には3mもの身長がある山姥がおり、村人を襲っては食べてしまっていたと言うのだ。
そこで、行基菩薩は村人を守るために、武甲山頂の蔵王権現にこもり、27日間にわたって悪魔降伏の祈願をしたと言う。

山姥はこの祈願によって、悶絶して苦しみ、行基菩薩にひれ伏した。
行基菩薩は殺すことはせず、どこか遠い国へ立ち去るように諭したところ、もう二度と人を襲うことはしないという証として、前歯1本、奥歯2本を折って差し出したと言うのだ。
この山姥の歯を、行基は本尊を刻んで安置したという伝説が残されている。

向陽山卜雲寺の薬師如来

向陽山卜雲寺の聖観音石像

秩父三十四箇所巡り!徒歩や車で効率的に回るための地図と札所一覧の見どころガイドマップ

向陽山 ト雲寺(荻野堂) の歴史

卜雲寺は向陽山と号し、開山は撫外春堂、開基は卜雲入道という法号を持つ嶋田三河守四郎左衛門で、寛永15(1638)年に創立され古刹だ。

本尊の聖観世音菩薩が祀られる荻野堂は、当初、苅米五区の竹の後ろにあったが、火災が発生したことで、宝暦10年(1760年)、別当寺の卜雲寺に移転されたと言う。

この場所には萩の花が咲くため、荻野堂と呼ばれるようになった。

当時の荻野堂のそばには卜ヶ池という大きな池があったとされており、嶋田三河守四郎左衛門の法号の由来にもなっているかもしれない。

卜雲寺も明治9年(1876年)8月に大火災が起こり、本堂をはじめ、境内にあった荻野堂や庫裏などが全焼してしまっている。

明治40年(1907年)頃に、寺の堂宇は再建され、それ以降は本堂に荻野堂の本尊を合わせて祀られるようになった。
そのため、現在は札所六番卜雲寺として名が通っている。
本堂へ行くには、急坂を上がっていくのだが、その途中に「ねがい地蔵」というお地蔵さんが安置されているのも見逃せない。

元文2年(1737年)6月に、村人であった平沼喜左衛門が設置したと伝えられている。
その当時、村で原因の分からない腫物や吹出物が流行したため、地蔵尊を立て、病気平癒を祈願したという言われが残されている。

現在では、子育て延命地蔵として厚く信仰されており、子授けや学業成就、合格祈願、大願成就を願う地域の人たちが訪れるようになった。
向陽山 ト雲寺(荻野堂) では、地蔵が立てられたのと同じ時節の、毎年6月6日にねがい地蔵祭が開催され、地域の人たちで賑わいを見せている。

秩父三十四箇所の見どころと札所一覧のマップ&ガイド

この記事が面白かったらフォローお願いします!
NO IMAGE