秩父三十四箇所の第18番札所 白道山 神門寺のみどころは秩父の名工による観音堂

秩父三十四箇所の第18番札所 白道山 神門寺(ごうどじ)。みどころは観音堂にある回廊だ。そこには大日如来、千手観音、大日如来、薬師如来、虚空蔵菩薩、殊菩薩、虚空蔵菩薩など多くの仏像が安置されている。
薄暗い回廊の中で、灯明に照らされて浮かび上がる仏像の姿は、非常に神秘的である。

秩父三十四箇所の第18番札所 白道山 神門寺のみどころは秩父の名工による観音堂

神門寺は、第18番札所の寺院である。
山号は、白道山(はくどうさん)だ。
埼玉県秩父市の彩甲斐街道(国道140号線)沿いに建っている。
御詠歌は、「ただたのめ 六則ともに 大悲をば 神門にたちて たすけたまへる」だ。
宗派は曹洞宗で、ご本尊は聖観音である。

白道山 神門寺へのアクセス

住所:埼玉県秩父市下宮地町5-15
最寄駅:秩父鉄道大野原駅
徒歩:駅からは徒歩で15分程度でたどり着く。
ただ、西武秩父駅から出ているバスに乗り、相生町で下車すれば徒歩10分で行ける。

車でアクセスする場合は、国道140号線に面した駐車場が利用できる。
国道140号線からは、車で直接神門寺の駐車場へ入ることも可能だ。
ただ、交通量の多い通りであるため、できれば国道140号線から、一旦細い道に回り、南側の正面から入ったほうが良い。

前の札所「定林寺」 || 次の札所「龍石寺

白道山 神門寺のみどころ

神門寺の入口には、山門がない。
低い塀で仕切られているだけだ。
境内は比較的こぢんまりとしている。

観音堂

正面には「観音堂」、右手には「不動堂」、左手には「蓮休憩所」や「納経所」と、多くの堂宇が建てられており、見どころが多い。

本尊の聖観世音菩薩は、高さ約1mを超える大きな立像だ。
室町時代に造られたと言われている。
一般的に、聖観世音菩薩は左手に蓮華をもっているが、神門寺の像に関しては、両手に蓮の花を持っているのが特徴だ。

回廊

堂内は撮影禁止。なので直接出向いて拝んでみてほしい。

回廊の中央部に安置されているのは、本尊の聖観世音菩薩につながれたお手綱だ。
本尊の手と結ばれた五色の綱を握ることによって、観音堂ご本尊の聖観世音菩薩とが結縁できると言われている。

蓮華堂

蓮華堂にも、普賢菩薩、釈迦如来、文殊菩薩など多くの仏像が安置されている。

神門寺の境内には、ニコニコ地蔵がおかれている。
ニコニコ地蔵は、平成4年に祀られたものだ。
どっしりとした石造りで、1mほどの大きさがある。
優しくて、穏やかな表情をしており、参拝に訪れた客たちを温かく見守る存在となっている。

秩父三十四箇所巡り!徒歩や車で効率的に回るための地図と札所一覧の見どころガイドマップ

神門寺の歴史

神門寺は、昔は神社であった。
サカキの巨木が門前の左右にあったことから、その当時は「神門」と呼ばれていたようだ。
神門寺は、神門山長生院と呼ばれた時代もあった。
今宮坊に属して、修験の寺として栄えていたようだ。
寛政年間(1789年~1801年)に発生した火災によって、ほとんどの堂宇を焼失してしまう。
天保の頃(1830年~1844年)に、観音堂だけが再建されることとなった。
名匠と呼ばれた藤田家の末孫「藤田若狭」が手掛けたと伝えられている。
しかし、長生院そのものは再建されなかったため、当時の修験僧たちは近くの秩父神社で生活していたようだ。
明治時代になると、神仏分離令によって、長生院はさらなる打撃をうけることとなる。
明治5年(1872年)に発令された修験道禁止令により、長生院は完全に終わりを迎えてしまった。
このような経緯があり、観音堂は曹洞宗の寺院として、存続することになったのである。

この記事が面白かったらフォローお願いします!
NO IMAGE