AUTHOR

マフ茶

  • 2022-08-13

あの世とこの世の境目,六道の辻

あの世とこの世の境目とされる六道の辻があるのが京都にある六道珍皇寺。ここは小野篁の冥土通いの井戸や黄泉帰りの井戸も発見されており異界にまつわる伝承が多い あの世とこの世の境目,六道の辻 六道の辻とは 六道の辻は,京都の六道珍皇寺の山門前にある。 この六道の辻とは。死者が輪廻転生す […]

  • 2022-08-13

秀吉の朝鮮出兵の犠牲者達をまつる耳塚(豊国神社)

豊国神社にある耳塚は秀吉の朝鮮出兵の犠牲者達をまつる為のもの。ここには削ぎ落とされた朝鮮兵士の耳や鼻がここに大量に埋められている。 秀吉の朝鮮出兵の犠牲者達をまつる耳塚 耳塚(豊国神社)はこんな人におすすめ ・京都観光でダークな歴史に触れたい・豊臣秀吉ゆかりの場所を訪れたい 豊国 […]

  • 2022-08-13

京都の鬼門を封じる赤山禅院

赤山禅院は京都を守護する鬼門封じの一角。比叡山延暦寺の別院だが道教の神を祀っており境内には鳥居も立っている。 京都の鬼門を封じる赤山禅院 赤山禅院はこんな人におすすめ ・ 陰陽道に関係した場所に行きたいひと 赤山禅院と赤山明神 赤山禅院は延暦寺の別院。慈覚大師円仁の遺命によって建 […]

  • 2022-08-13

岩上神社の岩神さん

上京区にある岩上神社には高さ2mほどの石が祀られている。これは岩神さんと呼ばれ、もともとは二条城の敷地内にあったもの。江戸時代頃には岩神寺と呼ばれていたが、現在は岩上神社と岩神さんのみが安置されている。 岩上神社の岩神さん 岩神さんとは 後水尾天皇の女御の御所に運ばれたが、夜ごと […]

  • 2022-08-13

鳥辺山墓地,京の三大葬送地のひとつ

鳥辺山墓地は元々平安京の三大葬送地、その中でも葬送地として最も大きかったのが、東山の鳥辺野であった。かつての京都では人が亡くなると遺体を野ざらしにしてあの世へ見送った。そのまま朽ちた遺体を鳥が啄んで処理する「鳥葬」も行われた。 鳥辺山墓地 鳥辺山墓地の画像と解説 兼好法師は『徒然 […]

  • 2022-08-13

松尾大社,平安京の西の白虎

松尾大社は四条通の西端に位置し、東端の八坂神社と対峙して鎮座する。京都五社めぐりでは西の白虎として京都を守護する古社である。 松尾大社,平安京の西の白虎 松尾大社と秦氏,そして四神相応 大宝元年(701)、文武天皇の勅命を賜った、渡来系氏族の秦忌寸都理が社殿を設けたといわれ、賀茂 […]

  • 2022-08-13

今宮神社,疫神を祀る京都最古級の神社

今宮神社は平安時代以前から存在していた神社で疫神を祀っていた社がルーツとなっている。京都市バスの船岡山停留所近くの今宮門前通を、真っ直ぐ北へ。7分ほどで突きあたりに現れる。 今宮神社,疫神を祀る京都最古級の神社 今宮神社とは 現在も地名として存在する紫野には、平安時代以前から疫神 […]

  • 2022-08-13

一文橋,斬り殺された人々の怨念が残る橋

長岡京市と向日市の県境にある心霊スポットが一文橋。ここは、橋を渡れなかった人たちの怨念がいまも残る場所と言われている。 一文橋,斬り殺された怨念が残る橋 一文橋の歴史と心霊エピソード 一文橋は長岡京市と向日市の県境あたりの、西国街道が小畑川を渡る地点に架かる橋だ。 小畑川は長岡京 […]

  • 2022-08-13

摩多羅神と同一視される秦河勝を祀る広隆寺

聖徳太子の側近である秦河勝が太子から仏像を賜りそれを安するために建立したとされるのが広隆寺。秦河勝は摩多羅神と同一視される人物だ。 摩多羅神と同一視される秦河勝を祀る広隆寺 広隆寺と摩多羅神,秦河勝 広隆寺は大酒神社から西に数百メートル行ったところにある寺院。本尊は聖徳太子。 7 […]

  • 2022-08-13

京都の隠れたパワースポット稲住神社の魔王尊

梅小路の梅林寺・円光寺のすぐ北側に位置する稲住神社の魔王尊は京都の隠れたパワースポットとして一部の愛好家には知られた場所となっている。 稲住神社の魔王尊 稲住神社の魔王尊とは 稲住神社の魔王尊は車が通れない細い路地沿いに佇み、境内全体からは厳かな空気がみなぎる。 この地に暮らした […]

NO IMAGE