川崎市登戸通り魔事件が起きた場所を見てきた

川崎市登戸通り魔事件、2019年に起きた「無敵の人」が起こした殺人事件が起きた場所を見てきた。

川崎市登戸通り魔事件が起きた場所を見てきた

川崎市登戸通り魔事件の現場となったバス停

川崎市登戸通り魔事件事件とは

  • 2019年5月28日神奈川県川崎市多摩区登戸新町の登戸駅入口バス停付近で発生した通り魔殺傷事件。小学6年生の女児と39歳の保護者男性の2人が死亡、18人が負傷。
  • 容疑者は犯行の直後に自ら首を刺し死亡。不起訴となる。
  • 加害者は両親の離婚後、父親と共に暮らしていたが程なくして蒸発。その後は伯父夫婦と暮らしていた。
  • 加害者は犯行当時51歳。少なくとも平成10年前後から引きこもりの状態なうえ自宅及び自室にはインターネットに接続する環境自体がなく、家族はおろか近隣住民との人間関係も希薄であった事から、犯行の動機はもちろん人物像なども不明。

場所

住所:〒214-0013 神奈川県川崎市多摩区登戸新町

ルポ

こちらが最初の襲撃の現場となったファミリーマート付近。

ここで39歳の保護者男性を背後から刺しその後、約50メートルを無言で走りながら保護者と児童17人を立て続けに切りつけた。その後、近隣に住む男性がここの店先で仰向けに倒れている血まみれの男性を目撃したという。

事件後、この線路沿いや現場周辺には無数の献花が置かれていた。

なお、この事件から程ない6月1日には東京練馬区にて元農水事務次官長男殺害事件が発生している。この事件の被害者である長男は長年ひきこもっていた中年男性であり、本事件を知った元官僚の男性が「自分の息子も周りに危害を加えるかもしれない」として犯行に及んだと供述している。

安易にひきこもりと犯罪を結びつけるのは危険であるが、この事件以降いわゆる「無敵の人」とよばれる突発的な無差別殺人が日本各地で巻き起こることになった。

created by Rinker
¥3,080 (2023/2/2 2:50:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,850 (2023/2/2 2:51:21時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事

渋谷ホームレス殺害事件の現場を探索してきた

・おなじく「無敵の人」が起こした殺人事件

「首吊り師」座間9人殺害事件のアパートの現在を見てきた

この記事が面白かったらフォローお願いします!
NO IMAGE