飯能市三人撲殺事件の現場の「美杉台」を歩く

飯能市三人撲殺事件の現場となった飯能市美杉台のビッグヒルズにある被害者宅と犯人の自宅を見てきたのだ。

飯能市三人撲殺事件の現場となった「美杉台」を歩く。

12月25日。世間がクリスマスに浮かれているなか衝撃的な事件が発生した。

 25日午前7時15分ごろ、埼玉県飯能市美杉台4の2階建て住宅で「人が殴られて倒れている」などと複数の通報があった。埼玉県警の警察官が駆けつけたところ、住宅の敷地内で男性1人と女性2人の計3人が倒れており、死亡が確認された。3人の頭や首など上半身には鈍器で殴られたような痕があり、出血もあった。県警は殺人事件とみて飯能署に刑事部統括参事官をトップとする60人態勢の特別捜査班を設置。25日夜に現場近くに住む無職の斎藤淳容疑者(40)を殺人未遂容疑で逮捕した。

埼玉・飯能の3人殺害、近所の40歳男性を逮捕 殺人未遂容疑

美杉台に住む夫婦と偶然訪れていた娘の合計三人がハンマーで撲殺されており、犯人は逃走中。どうも年末は世田谷一家殺害事件と言い世間が浮き足立つからか”不穏な動き”が見られる。だから警察は年末年始特別警戒なんて期間があるのかなと思った。

捜査関係者によりますと、事件については供述をしておらず、動機などは明らかになっていないということです。
容疑者は長らく1人暮らしをしていてほとんど近所づきあいがなかったとみられ、これまでの調べによりますと、携帯電話も持っていなかったということです。
また、斎藤容疑者は被害者の車を傷つけたとして去年1月に逮捕され、その後、不起訴になっていますが、このときまでは被害者も容疑者のことを知らなかったとみられています。

埼玉 飯能 3人殺害事件から1週間 事件について供述せず

そして数日後、逃走中の犯人が逮捕された。世田谷一家殺害事件のように長期的な捜査になると思っていたがなんと犯人は被害者宅から100メートルも離れていなかった。そしてTwitterで事件現場を調べてみると…

事件現場は飯能美杉台のビッグヒルズ!

ビッグヒルズ…

平成元年に造成された埼玉の高級住宅地(らしい)だと判明した。そこらへんの草でも食わせておけばいい埼玉県の高級住宅街…気になってしまい、2022年の大晦日にこの飯能市の美杉台に行くことにした。

飯能市三人撲殺事件の場所

住所:〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4丁目

事件の現場へ

秩父の入口。飯能駅。向かい側には西武秩父方面の古い車両が停車している。

埼玉県飯能市。池袋から約40キロ。急行で50分。特急で約40分。小田急線だと同じ時間と距離だと相模大野か町田くらいの距離にある人口約8万人。東京のベッドタウンとムーミンパークと秩父への入口の街である。

埼玉なので埼玉県民のソウルフード。日高屋も駅構内にしっかりある。
美杉台は飯能駅から約1.5キロ先にある。歩けないことはないが美杉台言うくらいなので山の上なので南口からバスを乗る事をおすすめする。
年末年始は特別ダイヤで少ないが普段は日中も毎時5本ある。

バスの本数を見るとしっかり本数があり、この時点で無計画ダメダメニュータウンにありがちなアクセスが悪いわけでもないので「これはいいニュータウンなのでは?」と思った。

飯能駅南口から約10分美杉台バス停に到着。南傾斜の丘陵地に誕生した。と書かれてる通り途中は坂道が続いた。
降りるとバスの営業所がすぐある。
その営業所の横の道に入ると…
飯能市美杉台のニュータウンらしい庭付き一軒家が連なる光景が見える。美杉台は平成元年から入居の説明会が開かれていたが、同時期の埼玉のニュータウンといえば坂戸市にある住所が「にっさい花みず木」と予測変換ですぐ出てこないこと、ぎょうざの満州の大規模工場がある坂戸ニューシティーにっさいがある。
歩道も整備されているしっかりしたニュータウンだ

坂戸ニューシティーにっさいと飯能市美杉台を比べると、坂戸は地区内に県道が横断しているため、ロードサイド沿いに飲食店からショッピングモールもあり、商業施設が多く、しかも最近は餃子工場のほかに物流施設とインターチェンジも出来ており、かつ平野であり人通りが多い。(ジョイフルホンダもあります)ただ、にっさいは駅から離れており、自動車は必要になってくる。自動車がない人は少し面倒だと思った。ちなみににっさいに住む親戚に聞くと「まさかここまで大きな街になるとは思わなかった」と言うくらいの街が坂戸ニューシティーにっさいだ。

飯能市美杉台は丘陵地のニュータウンのため一軒家が中心だ。大きなスーパーもニュータウン入口にあるくらいで静かな街である。にっさいに比べ駅からまだギリギリ歩いて行ける距離なので電車に乗る事が多く、静かに住むのなら美杉台だと思った。

そう考えながら美杉台バス停から歩いて行くとまず出てくるのが被疑者自宅。

被疑者は以前にも被害者宅とトラブルがあり、被害者の所有する自動車に傷を付けたとして器物損壊罪で逮捕。その後不起訴とされている。今回はどうしてこのような鈍器で3人も殺害したのか。まだ全貌は分からないままだ。

被疑者宅を別角度から撮影したもの。

被疑者について周囲の住民は「もともと家族といた一軒家に引きこもっていたようですが、たまに出歩いていて、会えば会釈もしてきました。近所の誰ともかかわらずひっそりと暮らしていたようです」とニュースで述べており、「引きこもりだけどあいさつはする人」と決して評判が悪いと言うわけではなかったように思える。元々ニュータウン自体関係が希薄な事が多いから本性などに気付けなかった可能性もあるが…

大晦日とはいえまだ現場検証が済んでなかったのか規制線が張られていた。

そしてこの被疑者宅からすぐ先の通りに被害者宅はある。こんな閑静なニュータウン内に鈍器を使って3人を撲殺とは周辺の住民からはたまったものではない。元々静かないい街だからこそこのような事件はショッキングだ。

被害者宅を超えて美杉台を降りる。空が近いように思う。
あさひ山展望公園。ここからの景色は確かに高台だと思わせる。公園では子連れの親子が多く歩いていた。
あさひ山展望公園を突き抜けバスの通る道に出る。「美杉台」名前の通り坂が多い。
飯能市立美杉台小学校。少子化の時代に美杉台のおかげでクラス数もそれなりにある小学校らしい。
美杉台を降りている途中、丘陵地にありがちな山と山を結ぶ橋が出てきた。
橋から飯能駅方向を見る。
そして階段を降りて、美杉台を後にする。しかしこういう落書きはどこでもあるな。
美杉台を降りた。この景色どこかで見たと思ったら多摩ニュータウンだ。どこも大規模なニュータウンは作りが似ると思った。そう思いながら飯能駅へ帰路へ向かった。

美杉台を歩いてみると、家も大きく人口も多い。アクセスも悪くないことからいい街であると思った。しかしそんないい街にも”異常分子”は潜んでいる。

小さなトラブルが大事件を起こすのは「平塚市ピアノ騒音事件」や大阪住道の「女子大生放火殺人事件」過去の事件が証明している。住むうえで「周囲の住民がどうなのか?」それを全て把握するのは難しいが、極力そんな異常分子は避けて生活をしたい。

こんな閑静でいい街にも人生を大きく変えてしまう事件が起こりうる事だから。そして今回の美杉台の事件の原因を知りたい。そう思った。

created by Rinker
¥2,860 (2023/2/2 2:41:26時点 Amazon調べ-詳細)
この記事が面白かったらフォローお願いします!
NO IMAGE