吉田神社,平安京の鬼門を封じる神社

  • 2022-08-01
  • 2022-08-13
  • 霊場

平安京で北東(丑寅)の方角である鬼門に位置するのが、標高102メートルの丘陵・吉田山。     その西で鬼門を封じる役目を担ったのが、吉田神社だ。

吉田神社,平安京の鬼門を封じる神社

吉田神社と鬼門

吉田神社が建てられたのは、貞観元年(859)藤原山陰卿が日の神を迎え入れ、平安京の鎮守神としたのがその始まりだ。

平安時代、宮中では大晦日に鬼を追い払う追確式、またの名を「鬼やらい」を行う習わしがあった。

吉田神社ではこの祭事を受け継ぎ、室町時代から節分祭として執り行ってきた歴史がある。後に節分の時に豆まきをする起源となった。

「鬼やらい」の伝統は、現在も平安時代そのままに継承されており、儀式が行われるのは、毎年節分前日の夜。赤、青、黄の3匹の疫鬼が現れ、「方相氏」と呼ばれる役職の人物が鬼を追い払う役目を負っている。 

吉田神社はこんな人におすすめ

・風水に興味があるひと

・京都の歴史ある神社に行きたい

住所

住所:〒606-8311 京都府京都市左京区吉田神楽岡町30

最寄駅

京阪電気鉄道 出町柳駅

駐車場

専用駐車場あり

関連記事

怖い歴史がある京都の寺院・神社・心霊スポット60カ所

この記事が面白かったらフォローお願いします!
NO IMAGE