歌舞伎町ヤクザマンションを見て気付いた異様なこと

歌舞伎町にヤクザマンションとよばれる物件があるのをご存知か。
一見すると、ただの古いマンションにしか見えないが、周囲には異様なものが溢れており,このマンションが尋常ではない事を暗に伝えている。

歌舞伎町ヤクザマンションを見て気付いた異様なこと

相方のひよこ氏と共に,歌舞伎町屈指の自殺の名所として名高い第六トーアビルの取材を終えた後のこと。

「近くにヤクザが多く居住しているマンションがある」という事だったので是非とも行ってみることにした。

場所

住所:東京都新宿区歌舞伎町2丁目

ルポ

もともと,このマンションは不動産関係者の間では有名な場所だったそうだが,フリーライターの鈴木 智彦氏が当時このマンションに事務所を構えていた際のエピソードから一部で知られるようになったのだとか。

潜入ルポ ヤクザの修羅場 (文春新書)

新品価格
¥935から
(2022/10/4 16:32時点)

組事務所があるのは当たり前で,かつてはマンションの鉄柵にヤクザが落ちてきて串刺しになった、なんてエピソードも。

謎の注連縄

近づいてみると,鉄柵に注連縄が巻かれている。看板には「天川講堂社」と書かれている。ドアには会員制と書かれており、表に置かれている看板によるとご祈祷やご祈願をしてくれるそうだ。

神仏両郷と書かれているが,神仏習合系の神社なのだろうか。元からあった神社なのか、他所から移転してきたのかは不明。タウンガイドによると,いちおう神社扱いになっている。

危険度大のサイン

お次はこちら。ガラの悪い地域には必ずあるサイン状の落書き。これらは悪質な訪問販売業者や窃盗団らが同業者に向けてわかるように記した暗号だ。スカイリムをプレイした事がある人なら,盗賊ギルドのギルドサインみたいなものだと思ってもらえれば分かりやすい。
そして、このサインが意味するのは、そのものズバリ「ヤクザ」だ。
一見するとXYZに見えるが、よく見てみるとYKZの変形に見えないか。
通常、この手のサインは解読しづらいものが多いのだが、これは非常に分かりやすい。ここがどういった場所であるかを示している証拠だろう。

銃弾対策された喫茶店

そして一階にあるのが「喫茶店マリエール」だ。一見すると,単なる古びた喫茶店なのだが……
画像の左側に注目してほしい。窓側に大量の本が山積みされているが、これらは銃撃対策。スジ者が多く居住しているマンションなので、当然ながらここを利用するのもソチラの人が多くなるのも然り。
対策としては当然ともいえる。
この近くにある歌舞伎町の事件現場

第六トーアビル,歌舞伎町の自殺の名所を見てきた

パリジェンヌ事件が起きた風林会館の現在を見てきた

歌舞伎町ビル火災 跡地の現在はどうなっているのか

東京の治安が悪い地域をグラフでランキング化

この記事が面白かったらフォローお願いします!
NO IMAGE