茨城一家殺傷事件の場所を見て気づいたこと

茨城一家殺傷事件の現場を見学しに境町まで行ってきたのだが犯人の異常さを改めて認識させる場所だった。

茨城一家殺傷事件の場所を見て気づいたこと

場所

住所:茨城県猿島郡境町若林3184−5
座標:36.06628830416707, 139.83042887211164

兎谷津公園近くの森の中にある一軒家

ルポ

ここが事件の起きた茨城県境町。見ての通り田畑ばかりの田舎町で、誇張抜きに田畑以外に何もない場所だ。
犯人の岡庭由征は犯行当時、埼玉県三郷市の鷹野四丁目に在住していたが鷹野四丁目から事件現場までは約40キロ、常磐自動車道で50分はかかる距離だ。わざわざこんな場所まで足を運ぶのは異常としか思えない。
さて、この森の中に被害者宅があるのだが、率直な感想を言わせてもらえば「これは犯人に狙われても不思議ではない」そう思わせるほど周囲から隔絶した場所だった。
冒頭の写真をみれば分かるように周囲には田畑、それも大規模な田畑が広がっているだけで近隣の家まで数百メートルの距離がある。

上空写真でみれば一目瞭然。広大な田畑のど真ん中にポツンと孤立した状態になっているうえ、四方を木々で囲まれている状態。こんな立地で深夜に襲われたらひとたまりもない。

茨城少年リンチ殺人事件の様に監視カメラがない状態で,こんな事件が起きたら目撃情報もないだろうから,未解決事件になってもおかしくない。現にこの事件は解決に至るまで1年以上の月日を要したというのだから,かなり危うい捜査状況だったのだろう。

犯人の異常さと狡猾さが伺えて現地をまわるだけで、どこか胸糞悪い気分になったのを覚えてる。

すぐ近くにある兎谷津へら鮒センター
休日ということもあって,ヘラブナ釣りに勤しむ人の姿が目立つ。
さて、こちらが事件現場。黄色いテープが貼られ立入禁止になっている。
現場に置かれた花束

入り口から被害者宅の姿は見えなかったが中央に納屋が見える。元々は農家だったのだろう。

これだけ近所との距離があったら大声で助けを呼ぶのも難しいな……

典型的な関東平野の田園地帯,本当に恐ろしいのは繁華街よりもこういう場所なのかもしれない。

その他の茨城県の殺人現場

茨城少年リンチ殺人事件の現場,スーパーマルヤの場所を見てきた

茨城アイスピック殺人の犯行現場の谷田川を見てきた

この記事が面白かったらフォローお願いします!
NO IMAGE