東大阪集団暴行殺人事件で生き埋めにした場所

東大阪集団暴行殺人事件で犯人達が集団リンチで殺害した被害者たちを生き埋めにした場所である奥迫川の山中を見てきたのでルポ

東大阪集団暴行殺人事件で生き埋めにした場所を見てきた

東大阪集団暴行殺人事件の場所は岡山県岡山市南区奥迫川の山中にある。

この事件は2006年6月19日に発生した集団リンチによる殺害事件。事の発端はなんてことがない恋愛トラブルによる痴情のもつれなのだが、脅迫に暴力団の文言を出す当たりが如何にも関西クオリティと言わざるをえない。

事件のキッカケは、被害者A(以下A)と交際中であった女性が、後の加害者B(以下B)とメールのやりとりをしていたことから起きた。

被害者は女性との関係がうまくいっていなかったことから、この加害者を憎んだ。そしてAの仲間であるCと共に監禁し、Bとその友人に暴行を加えた。そしてAは被害者と共に暴力団の名前でBを脅迫。現金50万を支払う事を約束させたのだった。

その報復として、Bの知り合いであった主犯格の男XとYがBらを説得。

暴力団関係者を含む仲間らを含む9人を集め、報復としてAとCを暴行し殺害、奥迫川の山中に埋めたのだった。

wikiによる説明だと少しややこしいが、要するにDQNに暴行・脅迫された被害者が、その報復としてDQNと協力し集団リンチのうえ殺害したという事である。

加害者もアレなら被害者も大概と言わざるをえない。

ルポ

そんなこんなで東大阪集団暴行殺人事件で犯人らが被害者を生き埋めにした場所にやってきた。

これが大山桜とよばれる桜の大木。訪れた際は桜の季節ではなかったが、殺人現場めぐりでは枯れた風景の方がよく似合う。

しかしこの事件、何度読み直しても違和感をおぼえるのが「そんな簡単に暴力団員と繋がれるのか?」と言うことだ。

自分の交友関係を学生時代にまで遡って思い出してみても、たしかに不良生徒はいたのだが成長と共にそういった連中とは関わり合いを経っていくものだし、社会人にもなれば付き合いは皆無となっていくのが普通ではないだろうか。

そういった反社会的な連中と、いつまでも交流がある・交流を持たざるを得なかった環境というのは、一体どういった環境なのだろうか、と疑問を抱かざるをえない。

そういえば、かつて大阪出身の知人が「関西の常識は関東とは大きく違う。一緒にして考えると、いつか怖い目に遭うから気をつけたほうが良い」と言っていたのを思い出した。

その知人いわく、関西でヤクザと関わる事は決して珍しいことではないそうだが、実際に関西の殺人事件を調べてみると暴力団絡みの事件はやはり多い。

関東人には理解できない、住んでみないと分からない「何か」があるのだろう。

だからこそ、いまだに東京へ移住したがる人間が多いのだろう。人は生まれた場所に縛られる、だからこそリセットするための場所としての東京が必要なのだ。

裏を返せば、人間関係をリセットするための手段を手に入れられなかった者は死ぬまで生まれた場所に縛られ続けるとも言える。

例として東大阪集団暴行殺人事件を取り上げるのは極端かもしれないが、個人的に千葉の墓石撲殺事件と構造として似ている印象を受けた。

・千葉墓石撲殺事件が起きた場所を見てきた

あちらも、人間関係が限定される様な、文化資本とは隔絶された地域で育った連中による極めて短絡的な殺人事件だった。

こういっては何だが、日本社会は均質化されているようで実態は地域によって大きく違う。地域によっては何か得体の知れない文化や風土がいまだに残されているのではないだろうか。

いつか、そうした得体の知れない文化を深く理解したいものだ。

江東マンション神隠し殺人事件現場の現在だけど普通に住みたい件

歌舞伎町ヤクザマンションを見て気付いた異様なこと

パリジェンヌ事件が起きた風林会館の現在を見てきた

・東電OL事件のアパートの現在を見てきた

渋谷エリートバラバラ殺人事件 の マンション

パリジェンヌ事件が起きた風林会館の現在を見てきた

歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件が起きた場所のまとめ

created by Rinker
青弓社
¥2,640 (2024/02/22 19:03:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥43 (2024/02/22 22:49:54時点 Amazon調べ-詳細)
この記事が面白かったら応援フォローお願いします!
NO IMAGE