京都の処刑場跡・風葬地まとめ

京都には数多くの処刑場跡や風葬地とよばれる遺体を野晒し状態で処理した場など曰く付きの土地があちこちに残されている。

京都の処刑場跡・風葬地まとめ

風葬とは、遺体を野晒し状態にすることで自然に消滅させる遺体処理の形式。

平安京の時代、埋葬形式の葬儀が行われたのは貴族など上流階級の人間のみで、平民は風葬が当たり前だった。

京都の風葬地で有名なのが「化野」「鳥部野」「蓮台野」で、これらは三大葬送地とよばれる。

また、京都はながらく日本の中心であった事から処刑場跡も数多く残されている。

また、風葬や処刑場といったものが数多く存在するだけあって、京都市内には怨霊や魑魅魍魎にまつわる場所も多い。

・日本三大怨霊など京都の怨霊関連の寺社

・京都の妖怪・異界関連のスポット

以下は京都の処刑場跡や風葬地に関連した社寺や史跡の一覧。

京都の風葬地

鳥辺山墓地

鳥辺山墓地

鳥辺山墓地は元々平安京の三大葬送地、その中でも葬送地として最も大きかったのが、東山の鳥辺野であった。かつての京都では人が亡くなると遺体を野ざらしにしてあの世へ見送った。そのまま朽ちた遺体を鳥が啄んで処理する「鳥葬」も行われた。

鳥辺山墓地,京の三大葬送地のひとつ

所在地: 京都府京都市東山区 五条坂東とりべ山

鳥戸野陵

鳥戸野陵

この鳥戸野陵は一条天皇の皇后・藤原定子の他、平安時代の6人の皇后の火葬場にもなっている。

鳥戸野陵,皇后が眠る風葬地

所在地: 京都府京都市東山区今熊野泉山町55

あだし野念仏寺

あだし野念仏寺

化野念仏寺には8000以上の無縁仏を祀る小石仏と小石塔が並ぶ西院の河原がある。
この地も、かつての風葬地のひとつであった。

無縁仏8000体が眠る化野念仏寺(あだし野念仏寺)

所在地: 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17番地

千本通り

千本通り

京都の千本通は平安京から続く京のメインストリートだったが、ここはかつて死者を送る総葬の地でもあった。

千本通,平安京の死者を送り続けたメインストリート

所在地:京都府京都市伏見区、横大路長畑町のある通り

帷子ノ辻

帷子ノ辻一帯も京都の風葬地だった。
地名の由来は九相図で有名な檀林皇后の遺体をこの地に遺棄した際、経帷子が舞い落ちた地であったことから付けられた。

帷子ノ辻,それは京都の風葬地への入り口

所在地: 京都府京都市右京区太秦帷子ケ辻町

処刑場跡

粟田口刑場

粟田口刑場

一万人以上の怨念が残る京都の処刑場跡、それが粟田口刑場跡だ。江戸時代以前から刑場として使われ数多くの罪人やキリシタンが処刑された。

一万人以上の怨念が残る京都の処刑場跡,粟田口刑場跡

所在地:京都府京都市山科区厨子奥花鳥町

六条河原

六条河原

五条大橋から南は六条河原と呼ばれ明治期まで処刑場として使われた。石田三成や小西行長らが処刑された場所としても有名。

京都の処刑場跡,六条河原

所在地: 京都府京都市下京区都市町143−20

十念の辻(十念ヶ辻)

十念の辻(十念ヶ辻)

京都にある十念の辻(十念ヶ辻)は六角獄舎から引き出された囚人を処刑場まで送った通り道。囚人たちはこの辻を通って六条河原の刑場に送られた。

十念の辻(十念ヶ辻),罪人を処刑場へと送った道

所在地: 京都府京都市下京区藪下町

六角獄舎

六角獄舎

京都の知る人ぞ知る心霊スポットが六角獄舎という監獄跡.ここではかつて、多くのキリシタンが収監されていた他、囚人を使った日本初の人体解剖や禁門の変に関連した悲劇的なエピソードもある。

京都の知る人ぞ知る心霊スポット・六角獄舎

所在地: 京都府京都市中京区因幡町112

誓願寺

誓願寺

誓願寺は日本初の人体解剖を行った江戸時代の医学者・山脇東洋の菩提寺。ここは解剖された囚人達にまつわる心霊話がある。

誓願寺,解剖された囚人達の霊が眠る場所

所在地: 京都府京都市中京区桜之町453

関連記事

怖い歴史がある京都の寺院・神社・心霊スポット60カ所

京都の処刑場跡・風葬地まとめ
この記事が面白かったらフォローお願いします!
NO IMAGE