CATEGORY

心霊スポット

  • 2022-08-13

石像寺の釘抜き地蔵

京都の石像寺に祀られている釘抜き地蔵には人を苦しみから解放してくれるというご利益がある。境内に飾られた無数のヤットコが印象的だ。 石像寺の釘抜き地蔵 石像寺の釘抜き地蔵の伝説 室町時代、紀ノ国屋道林という商人は、突然両手に激しい痛みを覚えた。その痛みはいかなる治療でも治すことでき […]

  • 2022-08-13

野宮神社に残る皇女の怨霊伝説

野宮神社は嵯峨野でもひときわ人出の絶えない縁結びの神でありながら、ここには愛憎にかられて怨霊となった皇女の言い伝えが残る。 野宮神社 野宮神社とは 源氏物語の一説には、光源氏と六条御息所との逢瀬が描かれている。美貌と知性を兼ね備えた六条御息所だったが、賀茂祭を前にした御禊の日の光 […]

  • 2022-08-13

無縁仏8000体が眠る化野念仏寺(あだし野念仏寺)

京都の化野念仏寺には8000以上の無縁仏を祀る小石仏と小石塔が並ぶ西院の河原がある。この地はかつて風葬地であった。 無縁仏8000体が眠る化野念仏寺(あだし野念仏寺) 無縁仏と化野念仏寺 化野念仏寺に並べられた無縁仏達はかつて風葬地であった化野の山野に散乱、埋没していた石仏だった […]

  • 2022-08-13

帷子ノ辻,それは京都の風葬地への入り口

かつて帷子ノ辻一帯は京都の風葬地だった。地名の由来は九相図で有名な檀林皇后の遺体をこの地に遺棄した際、経帷子が舞い落ちた地であったことから付けられた。 帷子ノ辻,それは京都の風葬地への入り口 帷子ノ辻と檀林皇后 「帷子ノ辻駅」からすぐのところにある帷子ノ辻には、檀林皇后にまつわる […]

  • 2022-08-13

十念の辻(十念ヶ辻),罪人を処刑場へと送った道

京都にある十念の辻(十念ヶ辻)は六角獄舎から引き出された囚人を処刑場まで送った通り道。囚人たちはこの辻を通って六条河原の刑場に送られた。 十念の辻(十念ヶ辻),罪人を処刑場へと送った道 十念ヶ辻とは 京都神田明神から南の新町通沿いに下った先の松原通との交差点、ここはかつて「十念ヶ […]

  • 2022-08-13

平将門の首塚が京都にもあった!「京都神田明神」

京都神田明神とは平将門を祀る京都の神社で、将門公の首を晒した場所に建てられた。平将門といえば東京の神田明神が有名だが、実は京都にもあるのは意外と知られていない。 平将門の首塚が京都にもあった「京都神田明神」 京都神田明神とは 平貞盛と藤原秀郷らによって討ち取られた将門の首は京に運 […]

  • 2022-08-13

日本三大怨霊の一角,菅原道真を祀る北野天満宮

北野天満宮は日本三大怨霊の一角、菅原道真を祀っている事でも知られ、全国にある天神社の総本社である。 日本三大怨霊の一角,菅原道真を祀る北野天満宮 北野天満宮と菅原道真 道真の怨霊騒ぎで有名なのが、清涼殿に雷が落ちた逸話。 実はこの話には「天神」の背景が深く関わっている。 この神社 […]

  • 2022-08-13

京都の処刑場跡,六条河原

五条大橋から南は六条河原と呼ばれ明治期まで処刑場として使われた。石田三成や小西行長らが処刑された場所としても有名。 京都の処刑場跡,六条河原 六条河原とは 十念ヶ辻から東へ進み、五条大橋を渡り四条を過ぎると寂しげな場所がみえてくる。 六条河原は平安期から明治初期まで処刑場として使 […]

  • 2022-08-13

東向観音寺の土蜘蛛塚

東向観音寺は北野天満宮のすぐ南にあり、酒呑童子の退治で有名な源頼光ゆかりの寺。ここは源頼光が退治した妖怪をまつる土蜘蛛塚がある。 東向観音寺の土蜘蛛塚 東向観音寺と土蜘蛛塚 東向観音寺には源頼光が退治した妖怪、土蜘蛛の塚がある。 ある夜、マラリアで頼光が苦しんでいるとき、身長2メ […]

  • 2022-08-13

一万人以上の怨念が残る京都の処刑場跡,粟田口刑場跡

一万人以上の怨念が残る京都の処刑場跡、それが粟田口刑場跡だ。江戸時代以前から刑場として使われ数多くの罪人やキリシタンが処刑された。 一万人以上の怨念が残る京都の処刑場跡,粟田口刑場跡 粟田口刑場は江戸時代以前から存在する処刑場で罪人はもとより、戦に敗れた敵方の武将やキリシタンなど […]

NO IMAGE