CATEGORY

心霊スポット

  • 2022-08-13

橋姫神社に伝わる鬼女の呪い

橋姫神社は宇治橋を守るとされている神社だが、ここは丑の刻参りの原型となった鬼女の呪いにまつわる伝説が残っている。 橋姫神社に伝わる鬼女の呪い 橋姫神社の呪い,橋姫の伝説 平安時代、とある公卿の娘が男に捨てられたことで嫉妬に狂い、貴船神社に「自分を鬼女にしてくれ」と祈願した。すると […]

  • 2022-08-13

岩上神社の岩神さん

上京区にある岩上神社には高さ2mほどの石が祀られている。これは岩神さんと呼ばれ、もともとは二条城の敷地内にあったもの。江戸時代頃には岩神寺と呼ばれていたが、現在は岩上神社と岩神さんのみが安置されている。 岩上神社の岩神さん 岩神さんとは 後水尾天皇の女御の御所に運ばれたが、夜ごと […]

  • 2022-08-13

恋塚寺に残る袈裟御前の血なまぐさい伝説

京都の恋塚寺には平安時代の武将,遠藤盛遠と源渡の妻袈裟御前にまつわる血なまぐさい伝説が残されている。 恋塚寺に残る袈裟御前の血なまぐさい伝説 恋塚寺とは恋にまつわる歴史がある、かやぶき屋根が特徴の寺院。名前は可愛いが、この寺に残る伝説は血生臭く恐ろしいものである。 恋塚寺と袈裟御 […]

  • 2022-08-13

貴船神社,丑の刻参り発祥の地

貴船神社は丑の刻参り発祥の地ともいわれる。その鬼気迫る様子は、江戸時代中期の画家・鳥山石燕が描いた『今昔画図続百鬼』に生々しく伝えられている。 貴船神社 歴史や伝説 貴船神社は縁結びの神としても、早くから知られている。特に有名なのが、和泉式部を巡る話だ。式部は夫・藤原保昌に浮気相 […]

  • 2022-08-13

首塚大明神に残る酒天童子の首塚伝説

京都の心霊スポットとして有名な首塚大明神には、酒呑童子の首が埋められているという言い伝えが残っている。 首塚大明神に残る酒天童子の首塚伝説 首塚大明神とは 老ノ坂峠の南に広がる大枝山の麓、うっそうと木々が繁る丘に鎮座する社が首塚大明神である。あたりは静寂に満ちて、時折、鳥のさえず […]

  • 2022-08-13

茶吉尼天を祀っていた福神社

上京区のとある民家には福大明神が祀られている福神社がある。ここはかつて荼枳尼天を祀っていた場所だ。かつて荼枳尼天は邪法とされていた密教の術でもある。 茶吉尼天を祀っていた福神社 福神社と荼枳尼天 中世の頃は密教の神である茶吉尼天を祀っており、茶吉尼天の法は諸願成就のためには手段を […]

  • 2022-08-13

真如堂,九尾の狐を祀るお堂

真如堂は九尾の狐のお堂がある。現在では九尾の狐の霊力は削がれ、真如堂のお堂に封じ込められていると言われている。 真如堂,九尾の狐を祀るお堂 真如堂と戦乱の歴史 いまから一千年前の永観2永年(984)を始まりとしている。一条天皇の勅許を得て本堂が創建されたのが、その8年後。不断念仏 […]

  • 2022-08-13

一文橋,斬り殺された人々の怨念が残る橋

長岡京市と向日市の県境にある心霊スポットが一文橋。ここは、橋を渡れなかった人たちの怨念がいまも残る場所と言われている。 一文橋,斬り殺された怨念が残る橋 一文橋の歴史と心霊エピソード 一文橋は長岡京市と向日市の県境あたりの、西国街道が小畑川を渡る地点に架かる橋だ。 小畑川は長岡京 […]

  • 2022-08-13

今宮神社,疫神を祀る京都最古級の神社

今宮神社は平安時代以前から存在していた神社で疫神を祀っていた社がルーツとなっている。京都市バスの船岡山停留所近くの今宮門前通を、真っ直ぐ北へ。7分ほどで突きあたりに現れる。 今宮神社,疫神を祀る京都最古級の神社 今宮神社とは 現在も地名として存在する紫野には、平安時代以前から疫神 […]

  • 2022-08-13

鳥辺山墓地,京の三大葬送地のひとつ

鳥辺山墓地は元々平安京の三大葬送地、その中でも葬送地として最も大きかったのが、東山の鳥辺野であった。かつての京都では人が亡くなると遺体を野ざらしにしてあの世へ見送った。そのまま朽ちた遺体を鳥が啄んで処理する「鳥葬」も行われた。 鳥辺山墓地 鳥辺山墓地の画像と解説 兼好法師は『徒然 […]

NO IMAGE